税理士が教える 非居住者になってできる節税できない節税

仮想通貨で儲かりすぎたあなた!

税金が怖くて 何もできずに

ジーっと

ひっそりと

ウォレットの中で

仮想通貨を抱え込んだまま

誰にも言えずに 

何もできずに

まんじりともせず

保有したままにしているのではないですか?

 

思いもよらなかった仮想通貨の利益!

考えたこともない大金があなたのウォレットの中で眠っています。

 

 

2017年までは、仮想通貨を持ち続けてさえいれば

にどんどん価値が上がって行きました。

 

ところが2018年前半は

ジーっとしている間にどんどん価値が下がってしまって。。

早く売ればよかった、と後悔しているのではないでしょうか。

 

 

何とかしたい、

そうだ!

非居住者になったら税金を支払わなくていいから

今から売っても税金分得する!

日本で2017年に売却したのと同じだけ残る!

 

しばらく海外生活してみようか!

 

そう考えているあなた、

海外生活 いいですよね!

それを体験できるのも仮想通貨おかげです。

 

 

でも、非居住者の税金ってわからないことだらけ。

 

 

どうすれば税法上の非居住者になるの?

非居住者になったら、本当に日本で税金を支払わなくてもいいの?

非居住者になるため日本を出るときに、税金を支払うことになるの?

非居住者と居住者を使った贈与の節税スキームって本当にあるの?

非居住者になっても日本で納税義務がある場合ってどんな場合なの?

他になにかいい節税方法はないの?

 

 

色んな疑問が湧いてきます。

 

そんなあなたのための

 

税理士が教える

「非居住者になってできる節税 できない節税」

2018年年6月1日から2019年5月31日までの間に

新たな税制改正または国税庁の発表があった場合のフォローmailサービス付き。

 

 

この商品は、以下の方におすすめです。

✅ 海外移住して仮想通貨を売却しようと考えているけれど、

 それで節税できるのか不安

✅ 海外勤務1年間の辞令が下りたけど、

1億円以上の資産をもっている人には「出国時課税」により

時価との差額に課税されるのではないか不安

✅ 非居住者になっても、日本で課税される場合があると聞いたが

どんな場合なのか分からなくて不安

✅ 年間183日以上海外にいたら非居住者になれるのかよくわからない。

✅ 仮想通貨を使った節税スキームはあると思うのだけど。。わからない。

 

 

 1年間の税制改正サポート付き

(2018年年6月1日から2019年5月31日までの間に

新たな税制改正または国税庁の発表があった場合の

フォローmailサービス付き。)

 

 

1000円(税込み)PDF18ページ

 ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイぺージから商品をダウンロードしてください。

 

ご購入はこちら

 

 

     「特定商取引に関する法律」に基づく表記